手を広げる人

低血圧を改善して朝から元気に活動することが出来る

サプリで症状を改善します

レディー

内臓機能をアップします

低血圧には主に体質によるものと、起立した時にめまいや立ちくらみの症状があるもの、食事の後、胃腸に血液が停滞することで血圧が急激に下がるものと、3種類に分類されます。低血圧の原因は主に体内循環が悪いことによるものですので、体内循環を良くすることでこれらの症状を改善することができます。ところで以前は、低血圧の人には高血圧とは真逆の療法として、ナトリウムを多めに摂ることが推奨されていましたが、最近では心肺機能と細胞の活性化を高め、血流を良くする栄養素や成分を摂取することが推奨されるようになりました。このような効果がある成分には、細胞組織の活性化に効果的なコエンザイムQ10や、心肺機能を高めるプロポリス、血流を促し滋養強壮に効果を発揮する高麗人参などが挙げられます。いずれもナトリウムに比べると胃腸に負担がかからず低血圧の治療に効果的で、サプリでも人気の有効成分として知られています。

日々の生活習慣の工夫も

低血圧は前述のサプリを毎日続けると同時に、日々の生活習慣の見直しやちょっとした工夫で症状を緩和することができます。例えば本態性低血圧の場合は、栄養不足が原因であることが多く、たんぱく質などの栄養素を多めに摂ることが有効です。また起立性低血圧の場合は、ウォーキングや水泳などの有酸素運動に加え、筋肉を鍛えることで体内循環とエネルギー代謝をアップさせて、自律神経の働きを促すことが必要です。食後低血圧の場合は、食べ過ぎると胃腸に血液が集中し過ぎて心臓まで十分に行きにくくなるので、1回の食事量を減らして食後にコーヒーや紅茶、緑茶などカフェインを含む飲料を飲むと、交感神経が優位になり急激に血圧が下がることを防げます。このように普段の生活習慣を見直すことと、体内循環や心肺機能を高めるサプリを摂ることで効果的に低血圧を改善することができます。

Copyright© 2016 低血圧を改善して朝から元気に活動することが出来る All Rights Reserved.